正社員登用への近道となる|職務経歴書のルールとマナー|相手の気持ちになって書く
女の人

職務経歴書のルールとマナー|相手の気持ちになって書く

正社員登用への近道となる

面接

正社員登用されやすい

派遣社員から正社員登用となることは、よくあることです。ただし、いろいろな条件があります。もちろん、会社によって条件も違ってきます。何らかの突出した特技などがあると重宝されるはずです。例えば、英語が得意な人は重宝されることでしょう。特に海外との交流がある会社にとって、英語ができる派遣社員が居るとお得です。その特技を活かして、様々な仕事を任されるようになるかもしれません。また、派遣社員として採用された時点では、特に英語ができることを話す機会はないものです。派遣社員は通常、与えられた仕事を与えられた時間内にこなせばいいからです。しかし、何らかのきっかけで特技を発信してみましょう。そこから正社員への道も近くなることがあります。

活かせる職場が多い

派遣社員というと、正社員になれなかった契約社員というイメージを持つ人が多いと言われています。しかし、時給はアルバイトよりも高く、場合によっては正社員並に稼ぐ人も少なくありません。さらに、特技があれば正社員に出世できることもあります。例えば、英語ができる人なら海外のお客様との商談に同行することもあるはずです。電話対応なども任されることがあったり、英語の文書を翻訳するように頼まれることもあるかもしれません。このように、派遣社員でも英語が得意などの何らかの特技があれば、それを活かせる業務の幅が広がってくることもあるのです。何か一つでも得意なことを身につけるようにするといいかもしれません。海外との仕事が多いIT系企業などの派遣社員になるのもお勧めです。